トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日 (木)

大須まで行っても・・・ipod nano用アクセサリ・・・

ちょうど用件があったので名古屋に行ったついでに

大須界隈を歩いてきました。

目的はipod nao用ケースかカバー、あるいは保護フィルム。

結果は、皆無状態でした。

しょうがないからamazonでnano用のシリコンカバーを

注文しました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

MOTO GP&F1で若きチャンピオン誕生

Moto GPでバレンティーノ・ロッシが26歳、

F1でフェルナンド・アロンソが24歳、

バレンティーノが5連覇、

125CC、250CCと通算でV7。

フェルナンドは初優勝。

・・・シーズンもほぼ終わったと思うと

秋の終わりの寂しさに似てもの悲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

マンマ・ミーア!

劇団四季が上演するって知ってから

絶対観たかったミュージカル。

ようやくこの年末に大阪へ観に行きます。

それにしても、8月末から9月にかけては

クィーンやipod nano、そしてマンマ・ミーア!と

少々散財気味・・・かもしれないけど

まあ、いいっか!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月23日 (金)

iTunes Music Store

カーズとかREOスピードワゴンとかの曲を購入して

ダウンロードしようとアカウントをとったけど

曲数少ないっていうか、ぜんぜん品揃えできていないですね。

しかたなく、B’zの曲を購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

ipod nanoとLIVEのCD

「なの」にクィーン+ポール・ロジャースのライブCDを入れたら

やっぱり曲間に少々無音区間ができてしまい、残念。

どなたかこの問題の解消方法ご存じないでしょうか。

それにしても、「なの」、美しすぎて使うのがもったいなくなっちゃいます。

指紋がつくだけでも気になるのに、いつの間にか傷もついてしまった・・・ショック!

でも、やっぱり使い倒さなくっちゃもったいないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンデレラマン

泣けました。

ベタな内容なのに、泣かせられると分かっているのに、です。

レニーとラッセルのちょっとした会話でも涙警報発令します。

息子との約束のシーン、

ボクシング協会(?)で旧知の人たちに頭を下げるシーンは、

もうダメでした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年9月19日 (月)

Moto GP

Moto GPを観るためだけに、スカパー!の日本テレビ系の

G+を視聴しているけど、ジャイアンツ戦視聴率の低迷の中で

今後もMoto GPを放送してくれるかどうか幾分心配。

で、本日のもてぎGP。

MotoGPクラスでは何と王者ロッシのまさかの接触転倒。

11位スタートからの追い上げ、そして優勝を期待していただけに

少々残念。

きっとYAMAHAの地元、日本でぼくらのような期待に

押しつぶされたんでしょうね。

でも、250CCクラスでの青山選手の優勝には感動しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

ipod nano

CM見てたら衝動的に欲しくなって

amazonで注文しちゃいました。

ところで、リターン・オブ・チャンピオンズを

車のHDDナビに録音したところ

曲間が開いて、何とも奇妙な聞き具合。

ipod nanoに入れてもやっぱり

間が開いてしまうのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

リターン・オブ・ザ・チャンピオンズ

クィーン+ポール・ロジャースって、どんな感じなのか

ライブまで待てなくって、発売日にCD購入しました。

結論、サウンドはクィーンそのものでした。

懸念していたポールのボーカルも全然不自然じゃあなかったです。

しかし、ポールの持ち歌は、

クィーンの楽曲以上にハマっていて(当然ですけどね)、

妙に浮いた感じもしたけど、ボーカリストとして上手いですね。

気になるのは、ビジュアル的にはどうなんだろうってことと

やっぱりジョン・ディーコンの不参加は残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

QUEEN+PAUL RODGERS

チケットが届きました!

25年近く前にナゴヤのコンサートに行って以来。

本当は東京で公演していたミュージカルも観たかったけど・・・。

今回のコンサート、フレディもジョンもいなくて

1/2QUEENで、当時の自分に会えるわけでもないんだけど

やっぱり行かないわけにはいきません。

でも、ナゴヤドームの14通路のR6列って

いったいどのへんなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

いま、会いにゆきます

とにかく去年観逃したので、DVDの発売を知ってすぐ予約して

でも、やっぱり早く内容が知りたくて、原作本を珍しく買って読んだ作品。

原作を読んでいる最中は、どんなオチなんだろうって

ずっと考えながら読んでたけど、そうきたか~っ、て感じでした。

ネタバレを知ってからDVDを観たわけだけど

そんなこと関係なくよかったです。

全体的にやわらか~い雰囲気、絵も音楽も役者も。

日記のシーン(回想シーン)は、さすが映像ならでは。

高校生の頃の出会いの場面が好きです。

ついつい人に薦めたくなる映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニライカナイからの手紙

衆議院選挙も終盤、というかあと2日。

郵政民営化が争点って騒いでいるけど

民営化されてたら決して成立しなかった映画化も。

まっ、そんな政治的意図があったかどうかはともかく、

これまたシンプルで飾り気のない

しかし好感の持てる映画でした。

途中、話の筋が読めても

やっぱり「手紙」には泣けました。

子を想う親の気持ち、祖父の想い、

島の人々の優しさ・・・

ところで竹富に行くぞ!

って決めてから何年たったことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

リンダ リンダ リンダ

映画「リンダ リンダ リンダ」を観て妙に感動してしまいました。

歳をとるにつれて、感動しやすい体質に変貌しつつあります。

昔は、常に斜め45°だったのが、「ニューシネマパラダイス」とか

「ライフ・イズ・ビューティフル」とか「ショーシャンクの空に」とか

観始めた頃からだんだんと。

特に、最近の日本映画とかに、やられています。

というわけで、今回「リンダ リンダ リンダ」を観たら

少しだけでも感動があれば(このブログタイトルの由来)と思ったら、

予想以上の感動でした。

いつの時代も高校生ってこうなんだなあって、

懐かしさと、なぜか安心感がこみ上げてきました。

そして、ラストのステージ!

・・・もう一回観ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »